公務員試験の採用倍率は自治体によって全然違います。

今回は、九州・沖縄にある県庁の職員採用試験の倍率について。

過去の試験の採用倍率を県庁のホームページを参考にそれぞれ調べました。

主に大卒程度の行政職(事務職)の採用倍率についてまとめています。

【この記事を書いた人】
政令市の消防士、政令市・町役場の行政職員を経験
公務員試験は独学・予備校両方で合格を経験
YouTube ⇒「3回公務員」

目次

  1. 掲載リスト
  2. 各県庁採用倍率一覧
  3. 採用倍率ランキング
  4. まとめ

1.掲載リスト

この記事では、以下の県庁・職種の採用倍率を紹介しています。

  • 福岡県 :Ⅰ類行政
  • 佐賀県 :行政、行政(特別枠)、行政(スポーツ特別枠)
  • 長崎県 :行政A、行政B(特別枠)
  • 熊本県 :行政
  • 大分県 :行政、行政(特別)
  • 宮崎県 :一般行政、一般行政(特別枠)
  • 鹿児島県:行政、行政(特別枠)
  • 沖縄県 :行政Ⅰ

特別枠とは

一般に県庁の行政職の試験では、筆記試験で教養試験と専門試験の2つを実施することが多いです。

教養試験では文章理解、社会、日本史、化学などの科目が出題され、専門試験では民法、財政学、行政学など専門的な分野が出題されます。

出題範囲が非常に広いため、試験勉強は結構大変です。

特別枠採用(名称は様々)の場合は、教養試験や専門試験を省略して、代わりに適性検査を実施するなど、筆記試験の負担が少ないです。

そのため一般的な採用区分よりも受験しやすくなっています。

その代わり、自治体によって多少違いますが、特別枠の方が倍率が高くなる傾向です。

また、佐賀県庁のスポーツ特別枠の場合は、受験資格としてスポーツでの実績が求められます。

【関連記事】中国、四国に県庁の採用試験倍率が気になる方はこちら
⇒【中国・四国の県庁事務職】過去の採用倍率一覧&ランキング!

2.各県庁採用倍率一覧

2次受験者の数が不明な場合、1次合格者÷最終合格者で2次倍率を算出しています。3次倍率も同様。

①福岡県庁

Ⅰ類行政

毎年1次試験の倍率がかなり高いです。

逆に2次試験の倍率は7年連続で2倍を切っています。

筆記は得意だけど人物試験が苦手な方にはオススメ。

②佐賀県庁

行政

公務員試験では、採用予定数よりも多く最終合格者を出す自治体が多いですが、佐賀県庁「行政」は6年連続で採用予定数どおり最終合格者を出しています。

採用倍率は平均的です。

行政:特別枠

九州・沖縄の県庁(大卒事務職)の中で最も採用倍率が高いです。

特に2・3次試験で多くの受験者が落とされるため、1次試験合格者の約4人に1人しか受かりません。

行政:スポーツ特別枠

令和2年度から実施されていますが、受験者が少なく採用倍率もかなり低いです。

このまま受験者が少ないままだといずれなくなるかも。

※1次試験については第1志望のみ、2次試験以降については第2志望を含んだ人数

③長崎県庁

行政A

2次試験の倍率が例年1.5倍以下とかなり低いです。

採用倍率も平均以下です。

行政B:特別枠

令和3年度の試験から1次試験がSPI3のみになったため、受験者が激増しました。

そして令和4年度は採用者数も激増したため倍率は元通り。

④熊本県庁

行政

1次試験の倍率が6年連続して2倍を切っています。

2次倍率と3次倍率はほぼ一定です。

⑤大分県庁

行政

採用倍率は例年低く、4年連続で4倍を切りました。

令和2年度と4年度は最終合格者が100名を超えています。

行政:特別

令和2年度から始まった採用区分です。

3年連続で採用倍率が10倍を超えており、難関試験区分と言えます。

⑥宮崎県庁

一般行政

佐賀県庁のスポーツ特別枠を除いて、九州・沖縄県庁の中で最も採用倍率が低いです。

令和2年度の採用試験は2.8倍というかなり低い採用倍率になりました。

一般行政:特別枠

令和2年度からできた採用区分です。

「一般行政」とは逆に、例年10倍前後の倍率。

⑦鹿児島県庁

行政

例年「行政:特別枠」の方が採用倍率が高いですが、令和3年度のみ逆転。

令和4年度は久しぶりに5倍を切りました。

行政:特別枠

4年連続して採用倍率が低下していましたが、令和4年度は久しぶりに上昇。

受験者数はここ6年で最多の269人を記録。

⑧沖縄県庁

行政Ⅰ

例年に比べて、令和4年度はかなり倍率が下がりました。

ただし1次倍率は常に高め。

一方、2次試験の倍率はいつも低く、ここ4年間は1.1~1.2倍で推移。

3.採用倍率ランキング

1次倍率

過去の1次試験の平均倍率が高い順に並べています。

  1. 沖縄県(行政Ⅰ)     :8.7倍
  2. 福岡県(Ⅰ類行政)    :5.5倍
  3. 佐賀県(行政:特別枠)  :3.8倍
  4. 大分県(行政:特別)   :3.6倍
  5. 宮崎県(一般行政:特別枠):3.5倍
  6. 長崎県(行政B:特別枠) :3.3倍
  7. 佐賀県(行政)      :3.3倍
  8. 長崎県(行政A)     :2.9倍
  9. 鹿児島県(行政)     :2.8倍
  10. 鹿児島県(行政:特別枠) :2.7倍
  11. 大分県(行政)      :2.0倍
  12. 熊本県(行政)      :1.8倍
  13. 宮崎県(一般行政)    :1.8倍
  14. 佐賀県(行政:スポーツ特別枠):1.0倍

沖縄県庁は約10倍

最も1次試験の倍率が高いのは沖縄県庁で、なんと平均8.7倍。

沖縄県庁の1次試験は純粋に教養試験と専門試験が実施されるので、志望する場合、筆記試験の勉強を死ぬ気で頑張りましょう。

佐賀県庁の「行政:スポーツ特別枠」は、1次試験の受験者が全員合格しているため、平均倍率も1.0倍となっています。

試験を受けるには、何かスポーツで国際大会に出場したことがあるか、全国大会で上位に入賞した実績が必要です。

九州・沖縄全体では、1次試験の平均倍率は3倍強程度。

最終倍率

最終的な平均倍率の順番は以下とおり。

  1. 佐賀県(行政:特別枠)  :16.3倍
  2. 大分県(行政:特別)   :13.0倍
  3. 沖縄県(行政Ⅰ)     :12.8倍
  4. 宮崎県(一般行政:特別枠):10.1倍
  5. 鹿児島県(行政:特別枠) :9.9倍
  6. 福岡県(Ⅰ類行政)    :9.3倍
  7. 佐賀県(行政)      :8.4倍
  8. 長崎県(行政B:特別枠) :7.4倍
  9. 鹿児島県(行政)     :6.4倍
  10. 熊本県(行政)      :5.4倍
  11. 長崎県(行政A)     :4.5倍
  12. 大分県(行政)      :3.4倍
  13. 宮崎県(一般行政)    :3.4倍
  14. 佐賀県(行政:スポーツ特別枠):2.3倍

佐賀県庁が1位と最下位

最も低い採用倍率は佐賀県庁の「行政:スポーツ特別枠」ですが、これはスポーツの実績が必要な特殊な採用区分になります。

これを除外すると、宮崎県庁の「一般行政」が最も低い倍率となります。

一方最も採用倍率が高いのは佐賀県庁の「行政:特別枠」です。

専門試験がなく受験のハードルが低いですが、書類選考と適性検査が実施され、2次では面接、3次では面接と論文試験があります。

また、九州・沖縄の県庁試験では、7倍強が平均的な最終倍率。

4.まとめ

県庁のハードルは高くない

公務員試験と聞くと難しそうなイメージがありますが、県庁の試験でも倍率が低い試験区分は複数あります。

それらは大企業に就職するよりもはるかに難易度は低いです。

例えば、大分県庁の「行政」と宮崎県庁の「一般行政」の平均最終倍率は4倍を切っています。

九州・沖縄には福岡県を除くと、安定した大企業はそこまで多くありません。

九州・沖縄にゆかりのある方は県庁を就職先の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

オススメ参考書

「地方上級試験早わかりブック」

⇒ 地方上級試験 早わかりブック

こちらは実務教育出版から発行されている、都道府県庁職員を目指す方に向けた公務員試験の概要本です。

目次

  • 都道府県庁ここがイイ!
  • 早わかりガイド
  • 教養・専門試験の攻略法
  • 過去問の徹底研究
  • 実力判定&学習法アドバイス
  • 別冊:過去問模試

本の前半には、地方上級(都道府県庁)試験の概要、中盤には地方上級の出題傾向が各科目ごとに載っています。

後半には、実際に出題された過去問が模試形式で収録されており、解説も付いています。

模試は別冊として付いているので使いやすいです。