公務員試験に向けて勉強する場合、独学、公務員予備校への通学、通信講座など学習方法は様々あります。

その中で、今回は「SMART合格講座」の公務員通信講座について解説。

メリットやデメリット、評判を挙げながら詳しく紹介していきます。

他社との比較もしているので是非参考にしてみてください。

【この記事を書いた人】
政令市の消防士と行政職、町役場を経験
公務員試験は独学・予備校両方で合格を経験
YouTube ハチサン公務員

目次

  1. SMART合格講座の基本
  2. コースと料金
  3. SMART合格講座のメリット
  4. SMART合格講座のデメリット
  5. SMART合格講座の評判・口コミ
  6. 他の公務員予備校との料金比較
  7. 他の公務員予備校との特徴比較
  8. SMART合格講座をオススメする人

【公式HPから講座を申し込む】
⇒ SMART合格講座

1.SMART合格講座の基本

全日本情報学習振興協会が運営 

「SMART合格講座」と聞いても聞き慣れない人が多いと思うので、まず簡単に紹介。

SMART合格講座とは、全日本情報学習振興協会が運営している、通信に特化した学習講座です。

前身である全日本情報教育検定協会が平成6年に設立され、現在、検定試験の開催や出版物の刊行、講習会の実施、通信講座の開講などを主な事業としています。

公務員講座はSMART合格講座の中のひとつで、そのほか、行政書士や社会保険労務士、ITパスポートなど各種講座を開講しています。

大手と比べると知名度は低くなりますね。

【関連記事】
⇒ 全日本情報学習振興協会ってどんな団体?何をしている協会なの?

学習スタイル 

一般的な通信講座の学習方法としては動画講義中心、冊子テキスト中心の2通りありますが、SMART合格講座は、前者の「動画講義中心」の学習スタイルになります。

むしろ、冊子のテキストはなく完全動画講義。

SMART合格講座講義動画

ほかの資格スクールでも、動画講義中心のスタイルは増えていますが、完全に冊子のテキストを省いた公務員講座はまだまだ少ないです。

なので動画を見て完結ではなく、理解を深める一つのツールとして活用する感じです。

2.コースと料金

SMART合格講座の中で、公務員試験に関連のある講座と料金は以下のとおり。

料金はかなり安い。

  • 国家公務員 総合職(法律区分)
    15,400円 (税込)
  • 国家公務員 一般職(行政)
    15,400円 (税込)
  • 地方公務員上級・東京都職員
    現時点でまだ準備中
  • SPIテスト対策
    13,200円 (税込)

料金については後述しています。

現在SMART合格講座の公務員講座は国家総合職と国家一般職の2つ、そしてSPIテスト対策が開講されており、講座の種類は少なめです。

地方上級コースについては、まだ準備中みたいなのでいずれ開講するかもしれません。

3.SMART合格講座のメリット

次に、SMART合格講座を選んだ場合のメリットを4点お伝えします。

  1. 料金が安い
  2. 簡単に始められ、どこでも学習できる
  3. 使い勝手のいい動画教材
  4. SPIの対策ができる

メリ①料金が安い 

ダントツで安い

なんと言っても一番のメリットは料金の安さです。

公務員の通信講座は安くても数万円、高いところだと30万円ほどかかる場合もあります。

しかし、SMART合格講座であれば国家総合職講座、国家一般職講座ともに15,400円しかかかりません。

もちろん30万円かかる講座とは講座内容のボリュームが違いますが、独学が不安だけど高額な講座費用を捻出できない人には嬉しい価格帯ですね。

さらに安くなることも

しかも今ならSMART合格講座公式LINEに登録すると、そこからさらに10%OFF!

1日、2日アルバイトすれば稼げる金額なので、かなり懐に優しいです。

他社との料金比較は後述しています。

また、学習する科目が少ないことなどが安さの要因ですが、それについても後述しています。

どちらかというとまとめて勉強するパックコースというより「単科講座」に近い感じ。

【関連記事】
⇒ 東京アカデミー公務員講座の料金解説!各コースの金額を紹介!

メリ②簡単に始められ、どこでも学習できる 

申し込みと学習開始が楽

公務員講座に申し込む場合、予備校であれば校舎での手続き、通信講座であればテキストが送られてくるのを待つなど、意外と時間と手間が掛かります。

一方、SMART合格講座であれば、簡単に通信講座の受講を開始することが可能。

SMART合格講座のホームページから希望の講座を選択し、必要事項を入力後、申し込みの送信ボタンをクリック。

その後、IDとパスワードが発行されるとすぐに学習が開始できます。

クレジットカード払いなので、振り込みに行く手間もかかりません。

学習場所と時間が自由

また、SMART合格講座はすべて動画講義なので、ネット環境が整っていれば、自宅、外出先、図書館など、自由な場所で学習が可能です。

当然、公務員予備校へ通う必要もないので視聴時間も自由。

通勤・通学時間に動画を視聴する人も多いようです。

もちろんスマホだけでなく、タブレット端末やパソコンでも学習できます。

お試しで無料視聴可能

講座を申込もうか迷った場合は、メールアドレスとパスワードを送信することで、講座の各動画を1分程度、無料で視聴することができます。

私がSMART合格講座に登録しても、電話やメールでの勧誘は一切ありませんでした。

そういう勧誘が煩わしい人には安心です。

ちなみに公務員講座だけでなく、開講されているほとんどの講座を無料で視聴できるみたいです。

しかも無料で視聴できる期間が長く、いつでも視聴できます。

メリ③使い勝手のいい動画教材 

1単元がコンパクト

公務員試験の内容は、難しい範囲もたくさんあり、集中力を維持することは大変です。

公務員予備校の通信講座の中には、2時間ぶっ続けで動画を配信するところもあるので、そういった講義を受講し続けると脳が疲れ果てることも。

それに比べて、SMART合格講座の動画講義は、1単元が5~15分程度に分割されています。

そのため、集中力を切らさず学習に取り組むことができますし、スキマ時間も有効活用できます。

動画自体もYouTubeのような外観なので操作は簡単です。

便利機能

一度見た動画は、学習単元の一覧にチェックマークが付くため、進捗状況を簡単に管理することができます。

また、個人的に復習したいと思った単元にもチェックマークを入れることができるため、後から復習がしやすいです。

さらに動画の下には、講義の内容がテキストで表示されており、文字で見たい人にはありがたい作り。

何か思ついたことは、メモを入力して記録しておくこともできます。

SMART合格講座の料金は安いけど機能は充実していますね。

メリ④SPIの対策ができる 

自治体で増えるSPI試験

近年、受験のしやすさから、地方公務員試験を中心に、筆記試験でSPIを導入する自治体が増えてきています。

特に市町村役場が多いですね。

SMART合格講座では、公務員講座とは別に「SPIテスト対策講座」も開講されています。

SPIについても、高得点を狙うには事前対策が必要ですが、公務員予備校や資格スクールでは公務員講座はあっても、SPI対策講座を設けているところはまだ少ないです。

SPIに特化した講座

そんな中、SMART合格講座のSPIテスト対策では、非言語分野・言語分野合わせて約10時間分のオンライン講義を視聴することができます。

いくつかピックアップすると以下のような内容が収録されています。

  • 非言語分野
    • 1章:SPIとは
    • 5章:鶴亀算②
    • 10章:食塩水②
    • 15章:集合
    • 20章:推理④(論理・対応関係)
    • 25章:物流
    • 30章:旅人算
    • 35章:年齢算
  • 言語分野
    • 1章:熟語の成り立ち
    • 2章:同義語・反義語(同意語)
    • 3章:敬語
    • 4章:文法
    • 5章:二語の関係
    • 6章:文章整序

SPIテスト対策も、動画の下にはテキストで学習内容が表示されています。

もともと13,200円と料金が安いSPIテスト対策講座ですが、今ならLINE登録すれば12,000円を切ります。

講師は学習院大学卒業で、行政書士事務所も経営されている村井基先生です。

4.SMART合格講座のデメリット

メリットだけでなく、SMART合格講座のデメリットも紹介していきます。

  1. 講座の科目が少ない
  2. 公務員試験に特化していない
  3. 筆記試験以外の対策はない
  4. 質問・回答サポートはない

デメ①講座の科目が少ない 

網羅していない

公務員試験の試験範囲はかなり広く、教養試験、専門試験それぞれ10科目以上が出題されます。

SMART合格講座で現在開講されている講座は、国家総合職と国家一般職の2講座ですが、ともに収録されている科目は少ないです。

対応科目はそれぞれ以下のとおりで、特に国家総合職講座の方は少ないです。

  • 国家総合職
    • 憲法、民法、行政法
  • 国家一般職
    • 憲法、行政法、民法、一般知識(政治・経済・社会・情報・数学)、数的推理、判断推理

このようにSAMRT合格講座では、出題数の多い科目に絞って講義動画を提供しています。

スポット的活用がおすすめ

SMART合格講座の利用方法としては、この公務員講座にすべて身を委ねるのではなく、独学者がスポット的に頻出科目の学習に活用する、といった方法が適切かもしれません。

そのおかげで、料金も低価格を実現しています。

ただ、動画の総時間は国家総合職講座で約15時間、国家一般職講座で約36時間と、しっかりとしたボリュームになっています。

当然、動画に収録されていない科目は自分で勉強する必要あり。

デメ②公務員試験に特化していない 

上記の対応科目のうち、憲法、民法、行政法の動画は公務員試験に特化したものではありません。

これらの科目は、公務員試験と試験内容が似ている、行政書士試験の対策講座と併用したものになっています。

そのため、動画の初っ端から、「行政書士試験スマート合格講座」というテロップの表示が。

中身は公務員試験に対応しているとしても、テロップぐらいは変えてほしいものです。

ちなみ、現在確認した段階で、憲法19本、行政法42本、民法30本の動画が収録されています。

デメ③筆記試験以外の対策はない 

人物試験対策なし

SMART合格講座の公務員講座は、あくまで筆記試験対策のための講座です。

動画講義内で特に面接についての指導はありません。

したがって、面接や集団討論など人物試験対策は別途自身で行っていく必要があります。

まあ、この低価格帯でそこまで備わっていると逆にビックリしますが。

大学やジョブカフェの利用を

マナーなどの基本的な知識は参考書などで学ぶことができますが、本気で合格を目指すのであれば、模擬面接や模擬集団討論は、事前に必ず受けておきたいところです。

もちろん対処法はあります。

それは、出身大学の就職課や各都道府県のジョブカフェ(呼称は様々)を利用することです。

模擬面接などを行ってもらえることが多いので、一度確認してみてください。

デメ④質問・回答サポートはない 

自己解決

問題を解いたり動画講義を視聴していくと、分からない部分に遭遇することがあるかもしれません。

そんなとき、ある程度費用のかかる公務員予備校・オンライン予備校であれば、分からない部分を質問すると回答してもらえることが多いです。

一方、SMART合格講座ではそういった疑問に回答してくれるサポートは付いていません。

動画講義はすべて自己解決していく必要があります。

代わりにインターネットを活用

やはり「SMART合格講座」は独学プラスαの位置付けと考えた方が良さそう。

ただ、完全に質問NGかどうかは不明です。

また、分からない部分は、インターネットの質問サイトで質問するという方法もあります。

私が公務員試験の勉強をしていた頃は、たまにインターネットで質問していました。

5.SMART合格講座の評判・口コミ

SMART合格講座の評判や口コミはあまりありませんでした。

そんな中、「サンプル動画を無料で視聴できてよかった」、「黒板への板書ではなく、モニターに映し出されるので見やすい」という意見がありました。

確かにモニターなので見やすいです。

今後、そのほかの評判・口コミも増えるかもしれません。

法律科目の講師の方は、大学での公務員講座や東進ハイスクールでの指導歴など豊富にあるようです。

6.他の公務員予備校との料金比較

18社で料金比較 

18社の公務員予備校・資格スクールの「通信講座」の料金を比較していきます。

各公務員予備校いろんなコースがあるので、ここでは最も一般的なコースである国家一般職・地方上級程度を目指すコースをピックアップして比較。

SMART合格講座の場合は、「国家公務員 一般職(行政)コース」をピックアップ。

それぞれサービス内容が違うので、完璧な比較はできませんが、重要な判断材料になります。

※フォーサイト、公務員のライトは教養科目対策のみ

SMART合格講座は格安 

これを見て分かるとおりSMART合格講座はずば抜けて安いです。

割引があればさらに安い。

ただ、ここで紹介しているSMART合格講座以外の通信講座は、出題科目全般に対応しているので、単純な料金比較はできません。

だとしてもSMART合格講座は、主要科目に絞り、面接対策や質問サポートなどを削っている分、かなりの低価格を実現しています。

料金的に見ても、やはり独学+αのような位置付けです。

7.他の公務員予備校との特徴比較

4社で比較 

料金を比較したスクールの中から、SMART合格講座と料金が近い3社をピックアップして簡単に特徴を比較しています。

  • SMART合格講座
    ・料金が安い
    ・簡単に始められ、どこでも学習できる
    ・SPIの対策ができる
  • ユーキャン
    添削とアドバイスを受けられる
    指導サポート期間が長い
    あとから返品OK
  • 東京アカデミー
    Zoom講座がある
    評価の高い教材
    新しいデータに対応
  • 実務教育出版
    スマホでテキストが見られる
    面接カード&論文添削
    受験ジャーナルがもらえる

フォーサイト、スタディング、公務員のライトも料金は安いですが、教養試験対策がメインのため、ここでは比較していません。

各社とも通信講座あり 

SMART合格講座は料金が最も安く、講座内容が一番コンパクトにまとめられています。

ユーキャンは公務員講座以外も手広く展開。

東京アカデミーは通学講座もあります。

実務教育出版は独学者向けの参考書や問題集も有名です。

単純に、公務員試験業界で知名度あるのは東京アカデミーと実務教育出版。

8.SMART合格講座をオススメする人

SMART合格講座の公務員講座について紹介してきました。

これまで紹介してきた情報を基にすると、「SMART合格講座」は以下のような人にオススメすることができます。

  • 公務員試験対策にあまりお金を掛けられない人
  • 独学メインでそれを補う講義を視聴したい人
  • スキマ時間を有効活用したい人
  • SPIの対策を行いたい人

これらの項目に、いくつか該当する方はSMART合格講座を利用してみてください。

何度もお伝えしましたが、あくまで補助的に活用することをオススメします。

また、SMART合格講座に限らず、全てを公務員予備校や通信講座に頼りきりの人は試験に受かりません。

自分で考えて、主体的に行動することが合格する一番のコツです。

【公式HPから講座を申し込む】
⇒ SMART合格講座

【関連記事】
⇒【予備校通っても公務員試験に落ちる人の特徴】主体的な独学者が強い