就職活動の時に必要となる履歴書やエントリーシート。

書くのが大変ですよね。

その中には、たいてい記入項目として「趣味・特技」欄があります。

「自分の趣味・特技が全く思い浮かばない~」と考え込んで時間だけが無駄に過ぎていく。。。

そんな人のために、「趣味・特技」を記入する手助けとなるよう315種類の「趣味・特技」を掲載しています。

ジャンルごとに分けているので、是非参考にしてみてください。

【この記事を書いた人】
政令市の消防士と行政職、町役場を経験
公務員試験は独学・予備校の両方を経験
YouTube ハチサン公務員

目次

  1. 作戦を立てて考える
  2. 趣味・特技一覧【315種類】
    1. 運動・スポーツ関係(90)
    2. アウトドア関係(21)
    3. 演奏・楽器関係(20)
    4. その他音楽関係(5)
    5. 料理・グルメ関係(15)
    6. 文章・絵画関係(14)
    7. デザイン・ものづくり関係(14)
    8. ダンス・舞踊関係(13)
    9. 言語・コミュニケーション関係(10)
    10. ボードゲーム・ゲーム関係(17)
    11. 植物関係(11)
    12. 清掃・身じたく関係(8)
    13. IT・パソコン関係(6)
    14. 自然・動物・昆虫関係(10)
    15. 計算関係(6)
    16. リラックス・精神関係(7)
    17. 文化・芸術関係(7)
    18. 服飾関係(8)
    19. 占い・マジック関係(4)
    20. ボランティア関係(4)
    21. 運転・操縦関係(4)
    22. 映像・写真関係(4)
    23. その他(17)
  3. 書いた方がいいもの
  4. 書かない方がいいもの
  5. 面接対策講座
  6. まとめ

1.作戦を立てて考える

人柄を間接的に伝える 

まず、履歴書やエントリーシート(ES)に記入する趣味・特技は、面接の際に触れられる可能性があるため、適当に書かないようにしましょう。

ただ、経歴やスキル、性格などと比べれば、面接の際の重要度は下がります。

しかし、面接官との話のきっかけや、あなたの思考・人柄を間接的に伝える大事なツールとなります。

ここで紹介する趣味・特技はあくまで、履歴書やエントリーシートに記入する際の参考にしてもらうためのものです。

内定に有利になる趣味・特技を抜粋したわけではありません。

肉付けか違う一面か 

何を記入するかは自分で作戦を立てて考えてください。

例えば、他の項目でスポーツ系のエピソードを多く書いてある場合に、その更なる肉付けとしてスポーツ系の特技を書くのか。

もしくは、スポーツ系のエピソードを他でたくさん書いているので、違う一面を見せるために文化系の趣味を書くのか。

深く考えず、単純に書くのもありかも。

2.趣味・特技一覧【315種類】

315種類の趣味・特技を23のジャンルに分けて掲載しています。

自分では忘れていたあなたの趣味・特技があるかもしれません。

①:運動・スポーツ関係(90) 

球技系(20)

  1. バレーボール
  2. ビーチバレー
  3. バドミントン
  4. 野球
  5. ソフトボール
  6. ラクロス
  7. バスケット
  8. ゴルフ
  9. サッカー
  10. フットサル
  11. ハンドボール
  12. テニス
  13. ラグビー
  14. アメフト
  15. 卓球
  16. ホッケー
  17. アイスホッケー
  18. クリケット
  19. ビリヤード
  20. ボウリング

陸上競技系(14)

  1. 短距離
  2. 中距離
  3. 長距離
  4. 走り高跳び
  5. 棒高跳び
  6. 走り幅跳び
  7. 三段跳び
  8. 砲丸投げ
  9. 円盤投げ
  10. ハンマー投げ
  11. やり投げ
  12. 競歩
  13. マラソン
  14. 十種競技

武道系(9)

  1. 空手
  2. 柔道
  3. 剣道
  4. 相撲
  5. 合気道
  6. なぎなた
  7. 弓道
  8. 少林寺拳法
  9. テコンドー

トレーニング・エクササイズ系(10)

  1. トレイルラン
  2. トライアスロン
  3. ランニング
  4. 筋トレ
  5. ヨガ
  6. ピラティス
  7. フラフープ
  8. トランポリン
  9. 縄跳び
  10. 逆立ち

格闘技系(6)

  1. ボクシング
  2. キックボクシング
  3. ムエタイ
  4. レスリング
  5. フェンシング
  6. アームレスリング

ウォータースポーツ(16)

  1. 水泳
  2. フィンスイミング
  3. サーフィン
  4. カヤック
  5. スキューバダイビング
  6. フライボード
  7. ウィンドサーフィン
  8. ラフティング
  9. ボディボード
  10. ウェイクボード
  11. SUP
  12. ジェットスキー
  13. カヌー
  14. キャニオニング
  15. パラセーリング
  16. シュノーケリング

その他(15)

  1. アーチェリー
  2. アイススケート
  3. 新体操
  4. シンクロ
  5. 器械体操
  6. ボルダリング
  7. スケボー
  8. ローラースケート
  9. アルティメット
  10. ダーツ
  11. スノーボード
  12. スキー
  13. スカッシュ
  14. クレー射撃
  15. スポーツ観戦

②:アウトドア関係(21) 

  1. 国内旅行
  2. 海外旅行
  3. キャンプ
  4. グランピング
  5. バーベキュー
  6. 火起こし
  7. ヒッチハイク
  8. 自転車旅
  9. バイク旅
  10. サイクリング
  11. バイクツーリング
  12. サバイバルゲーム
  13. 登山
  14. ハイキング
  15. 釣り
  16. スカイダイビング
  17. バンジージャンプ
  18. パラグライダー
  19. ハングライダー
  20. 散歩
  21. ジオキャッシング

③:演奏・楽器関係(20) 

  1. サックス
  2. ピアノ
  3. ウクレレ
  4. ギター
  5. ベース
  6. ハーモニカ
  7. ドラム
  8. トランペット
  9. トロンボーン
  10. クラリネット
  11. 三味線
  12. お琴
  13. 和太鼓
  14. 吹奏楽
  15. オカリナ
  16. フルート
  17. マンドリン
  18. バイオリン
  19. ハンドベル
  20. マーチング

④:その他音楽関係(5) 

  1. 歌を歌う
  2. カラオケ
  3. ゴスペル
  4. 絶対音感
  5. 音楽鑑賞

⑤:料理・グルメ関係(15) 

  1. 料理
  2. お菓子作り
  3. パン作り
  4. ジャム作り
  5. 味噌作り
  6. 漬物作り
  7. キャラ弁作り
  8. 魚をさばく
  9. コーヒーを煎れる
  10. ラテアート
  11. カフェ巡り
  12. 食べ歩き
  13. 早食い・大食い
  14. デパ地下巡り
  15. 利き酒

⑥:文章・絵画関係(14) 

  1. 油絵
  2. 似顔絵を描くこと
  3. 塗り絵
  4. 美術館巡り
  5. 読書
  6. 速読
  7. 俳句
  8. 短歌
  9. 詩を書く
  10. 文章のライティング
  11. 書道
  12. 水墨画
  13. パステルアート
  14. ペン字

⑦:デザイン・ものづくり関係(14) 

  1. パッチワーク
  2. せっけん作り
  3. ガラス細工
  4. バルーンアート
  5. サンドアート
  6. 陶芸
  7. 彫刻
  8. 切り絵
  9. 折り紙
  10. 模型作り
  11. 家具製作・DIY
  12. レザークラフト
  13. 家電の修理
  14. インテリアコーディネート

⑧:ダンス・舞踊関係(13) 

  1. ストリート系ダンス
  2. ズンバ
  3. ベリーダンス
  4. チアダンス
  5. 創作ダンス
  6. フラメンコ
  7. フラダンス
  8. バレエ
  9. ポールダンス
  10. サンバ
  11. 社交ダンス
  12. タップダンス
  13. 日本舞踊

⑨:言語・コミュニケーション関係(10) 

  1. 英語
  2. 中国語
  3. 韓国語
  4. スペイン語
  5. フランス語
  6. アラビア語
  7. ロシア語
  8. その他の言語
  9. 手話
  10. 人前でのスピーチ

⑩:ボードゲーム・ゲーム関係(17) 

  1. 将棋
  2. 囲碁
  3. オセロ
  4. チェス
  5. 百人一首
  6. トランプ
  7. 花札
  8. 競技かるた
  9. ポーカー
  10. ルービックキューブ
  11. クロスワードパズル
  12. ジグソーパズル
  13. eスポーツ・ゲーム
  14. ゲーム実況
  15. ゲーム制作
  16. バックギャモン
  17. 麻雀

⑪:植物関係(11) 

  1. 家庭菜園
  2. ガーデニング
  3. 観葉植物栽培
  4. プリザーブドフラワー
  5. ドライフラワー
  6. フラワーアレンジメント
  7. 生け花
  8. 盆栽
  9. 山菜採り
  10. 押し花
  11. キノコ採集

⑫:清掃・身じたく関係(8) 

  1. 掃除
  2. ゴミ拾い
  3. アイロンがけ
  4. 整理・整頓
  5. 靴磨き
  6. 引越しの梱包
  7. 洗車
  8. 断捨離

⑬:IT・パソコン関係(6) 

  1. タイピング
  2. ホームページ制作・運営
  3. プログラミング
  4. アプリ開発
  5. パソコンの自作
  6. エクセル・ワード

⑭:自然・動物・昆虫関係(10) 

  1. 天体観測
  2. 天気予報
  3. ドッグスポーツ
  4. バードウォッチング
  5. 乗馬
  6. 昆虫標本づくり
  7. アクアリウム
  8. 化石集め
  9. 水族館巡り
  10. 猫カフェ巡り

⑮:計算関係(6) 

  1. そろばん(珠算)
  2. 暗算
  3. 数独
  4. フラッシュ暗算
  5. 電卓
  6. レジ打ち

⑯:リラックス・精神関係(7) 

  1. マッサージ
  2. 座禅
  3. めいそう
  4. 写経
  5. 滝行
  6. 温泉巡り
  7. サウナ巡り

⑰:文化・芸術関係(7) 

  1. ミュージカル鑑賞
  2. 歌舞伎鑑賞
  3. 演劇鑑賞
  4. 落語鑑賞
  5. 茶道
  6. 博物館巡り
  7. 史跡巡り

⑱:服飾関係(8) 

  1. アクセサリー作り
  2. 服の制作
  3. 服のコーディネート
  4. 着物の着付け
  5. 裁縫
  6. 編み物
  7. ネイルアート
  8. コスプレ

⑲:占い・マジック関係(4) 

  1. タロット
  2. 手相
  3. 姓名判断
  4. マジック

⑳:ボランティア関係(4) 

  1. 募金活動
  2. 観光地案内
  3. 献血
  4. 子どもへ読み聞かせ

㉑:運転・操縦関係(4) 

  1. 車の運転技術
  2. ドライブ
  3. ラジコン
  4. ドローンの操縦

㉒:映像・写真関係(4) 

  1. 動画制作・編集
  2. カメラ・写真
  3. 映画鑑賞
  4. グラフィックデザイン

㉓:その他(17) 

  1. 暗記・記憶
  2. 早起き
  3. ダム巡り
  4. マンホール巡り
  5. 切手収集
  6. 御朱印集め
  7. 骨董品集め
  8. 裁判傍聴
  9. 資格取得
  10. 節約・貯金
  11. ヨーヨー
  12. ジャグリング
  13. パントマイム
  14. けん玉
  15. アマチュア無線
  16. 工場見学
  17. UFOキャッチャー

3.書いた方がいいもの

「趣味・特技」欄に書いた方がいいものは以下のとおり。

  • 志望先の業務に貢献できるもの
  • 面接官の印象に残るもの
  • 平凡なもの

志望先の業務に貢献できるもの 

あなたを採用したら、戦力になると思われるものです。

例えば、パソコンでの入力作業がメインの部署では「タイピング」、海外とのやり取りが多い部署では「語学」など。

面接官の印象に残るもの 

直接業務には関係ないかけれど、この人面白いな魅力的だなと思われたり、その場が盛り上がり面接官の印象に残りそうなもの。

例えば、厳しいトレーニングに励んでいそうな「トライアスロン」、面接の場でも披露できそうな「暗算」など。

平凡なもの? 

志望先の業務に直接活かせず、特に個性的でもないもの。

なんだかんだ、面接で有利になるぐらいの趣味・特技を持っている人って少ないですよね。

趣味・特技は面接試験で決定的な項目ではないため、もしもこれといったものがなければ、普通の趣味・特技でも大丈夫。

【関連記事】
⇒ 【公務員なろうかな】おすすめ職種・職業を9個の動機別に紹介

4.書かない方がいいもの

趣味・特技を書くときに「これは書かない方がいいかな?」って迷うことありませんか。

そんなときは、あなたは面接官だと思ってください。

そして、受験者のことを全く何も知らず、履歴書と面接だけで判断しなければならない状態だとイメージしてください。

全く知らない状態というところがポイントです。

例えば、あなたが面接官で、野球のイチロー選手が、履歴書に趣味「ギャンブル」と書いていたとしても、誰もがイチロー選手が優秀な人ってことは知っているので、あまり気にしないと思います。

しかし、全く何も知らない人の履歴書に、趣味ギャンブルと書かれていたら、面接官のあなたは少し引っ掛かりませんか。

何も受験者の情報がないフラットな状態で、「趣味・特技」を見て、違和感を持たれることは書かない方が無難です。

ギャンブル 

「競馬」「競輪」「競艇」「パチンコ」などのギャンブルは、借金してないかな?依存症になって業務に支障をきたさないかな?と心配になってしまいます。

政治活動 

「政治の後援会活動」など。

政治活動と聞くと、過激な政治思想を持っていないか、職場で労働環境について噛みついてこないか、ちょっと怖いです。

宗教関係 

「布教活動」など。

信教は自由ですが、激しく洗脳されていないか、宗教について変な勧誘をしてこないか、少し警戒します。

5.面接対策講座

履歴書、エントリーシートの作成と同時に進めておきたいのが面接対策。

面接試験が不安な方は公務員予備校が実施している面接対策講座の受講を考えてみてください。

面接試験前に模擬面接は必ず受けておきたいところ。

例えばアガルートでは、「筆記試験対策+面接対策」だけでなく「面接対策のみ」の講座を実施しています。

通信なのでどこからでもオンラインで模擬面接が受講可能。

面接慣れをしておきましょう。

【関連記事】
⇒ アガルートの公務員講座の面接対策ってどう?詳しくまとめてみた

6.まとめ

就職面接の全般に対応した趣味特技を315種類紹介しました。

掲載しているものを見て、何か趣味・特技を思い出しましたか?

少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

このサイトでは、主に公務員試験の試験情報や合格のコツなどを取り扱っています。

気になる方は他の記事も見てみてください。

【関連記事】
⇒ 地方公務員にはどんな職種や種類がある?39の仕事を紹介